blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 舟状骨の骨折 | main | 黄体ホルモン >>

ひざの痛み

ジョギングは誰でも簡単に始められる運動ですが、初心者がいきなり長距離を走ったり無理な練習をすると、ひざを傷める可能性があります。

ジョギングする人には、「ランナーひざ」という症状が多く、エックス線やMRIなどの検査では異常を見つけることができません。
ジョギングをやめれば自然に治まりますが、痛みは長期に渡って続くこともあります。

ジョギングは足の繰り返し運動のため、ひざの特定部分だけに負担がかかります。
腱がこすれれば炎症が起きて痛みが出てきます。
これには走り方や体型が影響しています。

予防をするためには、ジョギングをした後に関節や筋肉をほぐすためのストレッチやアイシング(冷却)をすることが大切。
冷やすことで炎症や疲労を抑えることができます。

また、中高年には半月板損傷が多くなっています。
半月板はひざ関節のクッションの役割をしていますが、ここにひびが入ってしまう症状。
年齢を重ねるともろくなるので、傷付きやすくなっています。
症状が進むと痛みだけでなく、水が溜まって腫れることもあります。
気になる症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。

ひざの痛みについては、以下のサイトでも詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。
ひざの痛み解消ガイド
| | 12:51 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ