blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< アクシダームセラピーとWトラネ | main | 禁煙した場合の医療費 >>

子供の難聴

赤ちゃんの時におたふく風邪やウイルス性の病気などにかかったり、高熱が数日間続くと内耳炎になり、そのまま耳が聞こえなくなる可能性があります。
そのため、風邪や病気で内科のお医者さんを受診した後は、念のために耳鼻咽喉科も受診しておくと安心です。

耳鼻咽喉科では聴力検査を行ったり、聴性脳幹反応(ABR)という脳波の検査をしたり、CTスキャンで内耳奇形などの検査を行います。

ただし、子供の頃から片耳だけが聞こえていなくても、言語獲得にはほとんど問題はありません。
普通に生活もできるため、社会的ハンディキャップもありません。
中耳炎になると両耳が難聴になる危険性もあるため、すぐに耳鼻科を受診する必要はあります。
| | 12:54 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ