blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< モイストヒーリング | main | 腎臓病 >>

五十肩

五十肩とは、40代〜60代に多く見られる肩の痛みです。
四十肩と呼ばれることもありますが、病院で診断される場合の正式名称は「肩関節周囲炎」。
五十肩の原因は不明であり、ほとんどは放っておくと数ヶ月〜数年で自然に治ってしまいます。
ただし、肩が動かしにくいなどの後遺症は残るので、適切な処置やリハビリが重要。

五十肩の症状と治療法は、以下のように分けられます。

急性期(フリージング期)
症状:肩の痛みが悪化
治療:ステロイド剤の注射、抗炎症剤の服用、温熱療法
リハビリ:安静

急性期は、痛みが一番激しく、重い物を持ち上げることも難しい。
痛みで夜眠れないこともある。
治療には抗炎症剤を注射したり、鎮痛剤を投与。
炎症を抑えるために、日常生活では肩を安静にしておく必要がある。


亜急性期(フローズン期)
症状:痛みは和らぐが、肩の動きは制限される
治療:薬剤入り湿布を貼る、温熱療法
リハビリ:振り子運動、コッドマン体操

亜急性期は、痛みが和らぐ代わりに肩を動かせる範囲が狭くなる。
そのため、毎日のリハビリが必要。


回復期
症状:痛みはほとんど無い
治療:温熱療法
リハビリ:水泳などの運動

回復期には、ほとんど痛みがなくなるので、リハビリを続けていれば日常生活に支障は出なくなる。


また、肩が痛む病気には、筋萎縮症、長胸神経麻痺、結核性肩関節炎などもあるため、心配な場合は病院で精密検査を行うと安心です。
| 手・腕 | 16:13 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ