blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 弱視の治療 | main |

白内障の手術

白内障は目の水晶体が白く濁る病気です。
治療法は手術で濁った水晶体を眼内レンズに置き換えます。

アメリカの眼科医チャールズ・ケルマンは、超音波を使って小さな傷口から白内障を砕いて吸い取る「超音波乳化吸引術」を開発しました。
角膜を2〜3ミリ切開し、水晶体を包んでいる透明な膜に穴を開けて、水晶体を細かく分割し、超音波を使って吸い取り、眼内レンズを移植します。
眼球を傷つけることが少ない画期的な手術法であり、先進国の大半はこの治療法を採用しています。

最近では、レーザー白内障手術というものもあります。
この方法はとても難しく、手術が煩雑になります。
瞳が小さかったり、角膜が濁っていると、この治療法では対応できない場合もあります。
保険適用もないため、おすすめの治療法とは言えません。

手術を受ける前は十分に考慮しましょう。
| | 14:14 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ