blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 日焼け止めの使い方 | main | 熱中症の予防 >>

子供の歯磨きは親が仕上げ磨き

虫歯などが原因で最初に失うことが多い歯は、奥歯の第一大臼歯(6歳臼歯とも呼ばれる)です。
第一大臼歯に虫歯が多いのは、親が知らないうちに生えてきて、完全に生えきるまで約1年半もかかるため。
長い間、第一大臼歯には歯肉が覆いかぶさり、歯磨きがしにくくなっています。
口の中の自浄作用も働きにくく、汚れや細菌が溜まってしまいます。

6歳前後の子供は、正しい歯磨きのやり方を十分に習得できておらず、奥歯の汚れを確認するのも困難です。
そのため、磨き残しができ、知らない間に虫歯になってしまいます。

子供の虫歯予防には、親による仕上げ磨きが効果的。
子供は嫌がることもありますが、上手にコミュニケーションをとりながら、親がしっかりとチェックしましょう。

虫歯予防には、毎日の歯磨きはもちろん大切ですが、定期的な歯科の受診も大切。
虫歯が無くても受診することで、歯磨き指導や予防処置を受けられます。
もし虫歯ができていても、初期発見できれば、治療期間も短く、痛みも軽減されます。
| 口・歯 | 13:57 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ