blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< コンタクトレンズと角膜の傷 | main | 飛蚊症 >>

舌の痛み

舌に痛みが出る病気は多くあります。

多いものにアフタという口内炎があります。
直径数ミリの小さな口内炎でも意外と痛く、治るまでに約1週間はかかります。

白い線や白いまだら、赤いただれなどがあり、染みる場合は扁平苔癬の可能性があります。
舌の側面にできやすい粘膜の病気であり、塗り薬などで治療できます。
ただし、完治までには時間がかかります。

高齢者や入れ歯をしている方の場合は、カンジダ性口内炎の可能性も。
舌の先や舌の裏がチクチクと痛むのが特徴で、口を大きく開けると痛むことがあります。

舌が痛む場合で注意が必要なのは、舌がん。
鏡で舌を見て、盛り上がっていたり、えぐれたりして痛みがある場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

また、口の乾燥がひどい場合は、粘膜保護作用や抗菌作用のある唾液が少なくなり、口腔乾燥症で舌が痛くなることもあります。
歯が乾燥で擦れて傷つきやすくなっているので、保湿剤を用いることがあります。

明らかな傷や炎症がないのに、舌の痛みが続く場合は、ホルモンバランスや心理的要因が原因になっていると考えられています。
なるべくストレスを避けて生活するよう、心がけましょう。
| 口・歯 | 13:45 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ