blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 乱視と白内障手術 | main | ファストフードと栄養 >>

休肝日は週2日以上

「酒は百薬の長」というように、お酒を全く飲まない人より、適量を飲んでいる人の方が血液循環が良くなったり、胃液の分泌が高まって食欲増進に繋がったり、脳梗塞のリスクが低いことが分かっています。
ただし、飲酒量が多いと高血圧や脳出血のリスクは高まります。

適度な量は、1日の平均純アルコールの摂取量が約20グラム。
日本酒で1合、ビールで中瓶1本、グラスワイン2杯です。
また、毎日飲み続けると肝臓に負担がかかるため、週に2日以上は休肝日を設けましょう。

悪酔いを防ぐために、お酒と一緒に水を飲むこともオススメ。
おつまみには、アルコール代謝に関わる酵素が含まれているたんぱく質が豊富な刺身や豆腐、枝豆、焼き鳥などを食べましょう。
果物の果糖はアルコールの分解を早めるので、翌朝に食べると良いでしょう。

お酒を飲んだ後は、アルコールの利尿作用や代謝で水分を使い、脱水しやすくなるので、翌日に運動する場合はこまめな水分補給を心がけます。
| その他 | 14:11 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ