blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 夏のスポーツと水分補給 | main | 果物の天ぷら >>

核白内障

核白内障は、自分でも気付きにくい白内障であり、40歳以降の近視の人に起こりやすくなっています。
白内障は目の水晶体が濁る病気であり、水晶体を包んでいる透明な薄い膜が茶色く色づき、次第に硬くなるのが核白内障。
硬い部分に光が当たると強く屈折するため、近視の度も進みます。
最初のうちはメガネをかければ視力が出るので、眼科医でも見落としやすくなっています。

また、遠視の方がメガネなしでもテレビが見えるようになったり、老眼が治って新聞が読めるようになったという人も核白内障がすすネでいる可能性があります。

核白内障は、進行具合によって黄色から茶色、褐色へと見え方の色調が変わります。
黒だと思っている色が実は紺だった、ということもあります。

白内障の手術では、超音波で濁った水晶体を砕いて吸い取ります。
核白内障が進行すると、硬い水晶体を砕くためにたくさんのエネルギーが必要になるので、角膜内皮細胞が影響を受けて角膜が曇り、術後に視力が悪くなります。

核白内障は気づかないうちに進行するため、気になる場合は早めに専門医を受信しましょう。
| | 17:44 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ