blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 親知らずの抜歯 | main | 食物繊維の摂取 >>

白内障の手術

高齢になると白内障になり、濁った水晶体を除去し、人工レンズを入れる手術を受ける方が増えています。
レンズの焦点の合わせ方で、手術後に物の見え方が大きく変わってしまうので、レンズ選びが大切です。

一般的には、単焦点レンズが使われていて、遠くか近くかのどちらかにピントが合います。
遠方に合わせると、手元がぼやけるので読書などでは老眼鏡が必要。
近視の場合は、メガネ無しで手元が見えるレンズを使います。
そのため、遠方がぼやけるので、日常生活にはメガネが欠かせません。

最近では、多焦点眼内レンズが普及し、遠くも近くもメガネ無しで見えるようになっています。
乱視矯正もできるトーリック多焦点眼内レンズもあります。

ただし、多焦点眼内レンズは保険が利きません。
先進医療の対象なので、先進医療特約付きの生命保険に加入していれば、認定施設で使うことは可能です。
| | 14:00 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ