blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 災害時の食事 | main | 親知らずの抜歯 >>

5月病と6月病

学生や社会人は、変化の多い4月を乗り切った後の5月や6月に、なぜかやる気が出なく、何をしても楽しく感じられない状態になることがあります。
5月病、6月病と呼ばれていますが、正式な診断名ではなく、精神医学では「適応障害」と呼ばれています。

人が新しい環境になれるまでには、約3ヶ月がかかります。
4月に変化があれば、6月末までかかる計算です。
特にその期間の前半は、あらゆる方向から多くの情報を収集する時期。
この時期が過ぎると、収集した情報から注力すべき部分、しなくてもよい部分が分かるようになり、次第に心身のエネルギーの消費が抑えられます。

しかし、その間に許容量を超えて頑張りすぎてしまうと、マイナスの気持ちが発生し、病んでしまいます。
適応期間中、休みの日にひどく疲労を感じる場合は、注意した方が良いでしょう。
あまり頑張りすぎず、オンオフのメリハリをつけましょう。
自宅にいるときは、仕事のことは考えないようにすることも大切です。
また、嫌なことがあった場合は、嫌なことについてばかり考えず、その環境の良い点を見つけるようにしましょう。
| 鬱(うつ) | 14:21 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ