blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 知覚過敏症 | main | 5月病と6月病 >>

災害時の食事

災害時に避難所などで配給される食事は、乾パンやクラッカー、おにぎりやパン、インスタント食品、お菓子などが中心でう。
これでは、炭水化物を補給できても、たんぱく質、ミネラル類、食物繊維などの栄養素が不足してしまいます。
これらの栄養素が足りなくなると、便秘や下痢になりやすく、風邪や口内炎なども引き起こします。

そのため、保存性が高く、調理不要な魚や肉の缶詰、魚肉ソーセージ、カレーやシチューなどのレトルト食品、ロングライフ牛乳などがあると安心です。
ビタミンやミネラル、食物繊維は、ナッツ類や野菜・果物の缶詰、乾物、常温保存可能な野菜ジュースで補給できます。
サプリメントを一時的に使用するのも良いでしょう。

また、ボランティアの方などの炊き出しでは、温かい料理で栄養補給ができます。
災害はいつどこで起きるか分からないので、できることから始めて、準備をしておきましょう。
| 食品 | 14:10 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ