blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 野菜を食べる | main | スーパーフード >>

舌苔と口臭

口臭は誰にでもあるものですが、正しく歯磨きをしていれば、他人に分かるほどのものではありません。
食生活の乱れやストレスが強かったり、口が渇いていると強くなります。
そんな時は、少し丁寧に歯を磨いたり、水をこまめに含んだりしてみましょう。

また、にんにくやアルコールを摂取すると、口臭は一時的に強くなります。
これは時間が経てば弱くなります。

ただし、注意したいのは、口の中や喉の奥の病気が原因で発生している病的口臭。
時間の経過で弱くなることはなく、歯周病が原因になっていることもあります。

口臭で一番多いのは、新陳代謝で剥がれた歯茎や粘膜、細菌の死骸などが原因のもの。
口の中の細菌がこれらのたんぱく質成分を分解し、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物を作り出します。
これが舌の上の表面に溜まり、舌苔(ぜったい)と呼ばれる強い口臭の原因になります。
舌苔を落とすためには、柔らかめの歯ブラシや専用の舌ブラシを使います。

口臭は他人から指摘されるより、自分で気付きたいもの。
細菌では、口臭専門の外来診療を行っている大学病院もあります。
| 口・歯 | 14:31 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ