blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 噛む力をガムで鍛える | main | 舌苔と口臭 >>

野菜を食べる

食事の際、野菜を最初に食べると、食べ過ぎや早食いを防止できます。

歯ごたえのある野菜をよく噛むことで、食事のスピードを緩め、満腹感をもたらしてくれます。
野菜はエネルギーもわずかなので、食べ過ぎが抑えられます。

繊維質の多い野菜であれば、食後に血糖値が急激に上昇することも防いでくれます。
糖尿病の治療や肥満防止には、食後血糖値の急上昇は最も避けたいこと。
最初に野菜を食べることは、とても大切なのです。

1日に必要な野菜の量は、300g〜400gとされています。
ただし、野菜なら何でも良いわけではありません。
糖質の多いじゃがいも、さつまいも、とうもろこし、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、ブロッコリーなどは、1日100g以内に抑えましょう。

野菜ジュースにして飲むことも、まだ良い効果が期待できると証明されているわけではありません。
また、お腹が弱くて下痢をしやすい人は、繊維質の多い野菜を摂りすぎると、逆効果になる場合もあります。
| 食品 | 14:00 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ