blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 脂質の摂取量 | main | 貧血の予防 >>

歯を白く保つために

笑顔からこぼれる白い歯は、清潔感があって美しいものです。
黄ばんだ歯では、仕事でもプライベートでも、対人関係でマイナスになる可能性があります。

歯の変色の主な原因には、沈着と歯の質の変化があります。

沈着は外側からの原因であり、タバコのヤニ、お茶やコーヒー、ワイン、炭酸飲料などを飲んだときに歯の表面が着色してしまうもの。
歯の裏側や隙間から起きやすくなっています。
付着してしまったものは取りにくいため、歯科医院で定期的に歯をきれいにしてもらいましょう。
市販のグッズなどでも落とすことはできますが、歯の隙間や奥は難しいものです。
また、着色しやすい飲み物を飲んだ後は、水で口をゆすぐことで予防になります。

歯の質の変化は内側からの原因であり、歯の表面のエナメル質や象牙質の変化。
子供の頃の過剰なフッ素摂取が原因の場合が多くなっています。
歯並び全体で変色するため、変色が1〜2本の場合は歯髄の壊死が原因の場合もあります。

内部からの変色は、歯の質には問題ないため、無理に治療しない方が良い場合もあります。
気になる場合は、歯科医院で相談してみましょう。
| 口・歯 | 14:25 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ