blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 青い鳥症候群 | main | 妊娠中の食事 >>

骨髄炎

骨髄炎とは、歯茎に隠れた歯槽部の炎症が骨の内側の骨髄にまで広がる炎症。
初期の頃は歯に痛みや腫れを感じ、腫れがひどくなると痛みも強くなり、膿みも広がります。

炎症した部分の骨の中では、血液の流れが悪くなり、骨が壊死して、治るまでに数ヶ月もかかることもあります。
現在では抗菌剤が普及しているため、症状がひどくなることは少なくなっていますが、慢性骨髄炎になる傾向もあります。

治療では主に、抗菌剤の投与が行われます。
炎症が治まらない場合は、手術で硬くなった骨を削って、血液を流れやすくしたり、膿が溜まった部分を洗い流すかん流療法、体の酸素濃度を上げて治療を促進する高気圧酸素療法などが行われます。

顎の痛みが長く続く場合は、かかりつけの歯科医院に相談してみましょう。
| 口・歯 | 14:12 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ