blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 脂質の摂取 | main | ドライマウス(口腔乾燥症) >>

心の防衛機制

人間は心に葛藤がある時、自分を守るために備わった仕組みがあります。

精神医学・心理学の分野では「防衛機制」と呼ばれ、フロイトが提唱しました。

この心の防衛機制には、抑圧・合理化・置換・同一視・昇華などがあります。

抑圧
不満を感じて受け入れ難いと感じた時、無意識にその気持ちを抑えて忘れようとする。

合理化
嫌なことに直面しても、何かと理由をつけて受け入れやすくする。

置換
欲しかった物が買えなかった時、別の物を買うことで気持ちを和ませる。

同一視
学歴に劣等感を持つ親が子を高学歴にさせて満足する。

昇華
そのまま表現すると社会的に許容されないものを芸術作品や小説など、社会に認められる方法で表現しようとする。

これらは一つだけでなく、複数が連動して働きます。
そのおかげで、人は適応しづらい状況でも、人や社会と折り合いをつけることができます。

しかし、過度に使っていると破綻する可能性もあります。
そうなると、社会生活に適応できなくなり、心の不調に陥ります。

そうなる前に、自分が何に葛藤を感じているか、要因を意識することも大切。
それを解消するために、どうすれば良いのかを考えましょう。
相談する相手がいない場合は、専門家を頼ることもできます。
| 鬱(うつ) | 14:18 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ