blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 歯の寿命 | main | 運動後のたんぱく質摂取 >>

一過性脳虚血発作(TIA)

一過性脳虚血発作(TIA)は、脳の一時的な血液の軽い循環障害により、運動麻痺、知覚麻痺、言語障害などの神経症状が現れる発作。
神経症状が現れるのは、数分程度であり、長くても24時間以内には完全に回復します。
ほとんどは、発作が1回だけ起こりますが、間隔を空けて多発したり、1日に数回の発作を起こすこともあります。
脳梗塞の前兆として現れるケースもあるので、注意が必要。

運動障害としては、手足が上手く使えなくなります。
感覚障害としては、しびれ、顔面・唇・舌の感覚に異常が出ます。
その他に、めまい、視力障害、言語障害、字を書き間違える、簡単な計算ができない、なども起こります。

意識障害はなく、倒れてもすぐに立ち上がり、何の後遺症もなくすぐに動けるケースもあります。
しかし、上を見たり、首を左右に振ると再発してしまいます。

一過性脳虚血発作(TIA)を医師が目撃することは少ないため、病院へ行くまでの間の症状を患者や家族がきちんと伝えることが大切です。
いつ、どこで、どのような症状があったのか、どのくらいの時間で意識が消失したのか、発作を繰り返したおんか、などをきちんと伝えられるようにしておきましょう。

病院の検査では、脳血管撮影、MRI検査などを行い、脳卒中などのこれから発症する可能性のある病気を予想します。
塩分制限やコレステロールを控えた食事、血圧の管理をきちんとし、気になる症状があったら、すぐに脳外科医や内科医に相談しましょう。
| | 16:32 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ