blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 激しい胸の痛み | main | 8020運動 >>

補聴器

補聴器はいつから使う?
聴力は、加齢により低下していきます。
最近、よく二度聞きする、テレビの音量設定が大きい、人の話が聞き取りづらくなったなど、耳が遠くなったと気付いたら、まずは耳鼻咽喉科へ相談しましょう。
医師の診断を受けてから、補聴器を使うかどうかを判断しましょう。

補聴器は両耳につける?
左右の聴力の状態によっては、片耳装用よりも両耳装用の方が効果的とされています。
その理由は、以下のとおり。

・音の方向感、立体感の向上
・補聴器による気疲れの軽減
・騒音下での聞き取りの向上
・右脳と左脳両方の活用

補聴器の違和感
オーダーメイドの補聴器は、一人ひとりの耳の形に合わせて作るため、耳の中にぴったりと収まります。
耳穴を完全にふさがないように大きな通気穴(ベント)があるため、音のこもり感や響き感を感じにくくもなります。

オーダーメイド以外には、耳かけ型補聴器、ポケット型補聴器などがあります。
補聴器店で相談すれば、試着することも可能なので、相談してみましょう。

補聴器ですぐに聞こえるようになる?
補聴器を買って装着しても、すぐに聞こえが良くなる訳ではありません。
個人の聴力や生活環境、各種測定データなどから、聞こえに合わせて補聴器の調整や試聴をする必要があります。
聞こえに満足できるまで、何度も調整を行います。

認定補聴器専門店とは?
認定補聴器専門店とは、補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定められています。
運営基準を満たしている店舗のみに与えられる称号。
| | 13:22 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ