blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< ウエストを細くする方法 | main | タバコと歯周病 >>

アイメイクによる目のトラブル

多くの女性は、目の輪郭を縁取るアイメイクをしていますが、アイライナーの塗り方を間違えると、思わぬ目のトラブルになってしまいます。
目の健康のために、正しいアイメイクの方法を身に付けておきましょう。

まつげの生え際の内側には、マイボーム腺という穴があります。
マイボーム腺の開口部からは、脂が分泌されていて、目の表面の涙の蒸発を防いでいます。

ここに油性のアイライナーなどをつけて塞いでしまうと、脂が出にくくなり、目の潤いが保てず、乾燥して角膜が傷付く可能性も。
また、コンタクトレンズ着用時に不快感がある場合は、レンズの表面に化粧品の汚れやマスカラの繊維が付いている可能性もあります。
角膜の傷や汚れたコンタクトレンズの長期使用は、角膜腫瘍や細菌感染などの障害に繋がるため、非常に危険です。

元々、化粧品メーカーでは、粘膜の内側まで塗る化粧方法は推奨していません。
アイライナーは内側の粘膜まで塗らなくても大丈夫なのです。
細い筆先を使って目に入らないよう、上手にラインを引くようにしましょう。

また、洗顔で汚れをキレイに落とすことも大切。
専用のアイメイクリムーバーとコットンを使用して、優しく落とすようにしましょう。
化粧品を塗るスポンジやアイシャドーのチップを常に清潔に保っておくことも大事です。
| | 14:03 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ