blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 歯の根の治療 | main | ウエストを細くする方法 >>

スキーでケガをした場合

スキーでは、腰痛、膝や靭帯の損傷、足の骨折・捻挫、足の腱鞘炎などのケガが多くなっています。
また、転倒時の肩・股関節の損傷、ストックによる手指の外傷なども多くなっています。

凍った雪はもちろん、柔らかい雪でも衝撃は大きいため、転倒時の打撲にはアイシングが効果的。
腰や足に痛みを感じる場合は、消炎鎮痛剤やマッサージも効果的です。

痛みがひどくない場合は、入浴して患部を温め、血行を良くしましょう。
ビタミンB群、ビタミンEをサプリメントで摂取すれば、改善も早くなります。

骨折した場合は、歩くことが困難のため、アイシングして枝木などで固定します。

スキーでのケガを予防するには、十分な準備体操はもちろん、危険な場所やスピードの出しすぎに気を付けることも大切。
腰をコルセットやテーピングで保護しておくのも良いでしょう。
| ケガ | 13:18 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ