blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 抜け毛対策 | main | 過呼吸(過換気症候群) >>

目薬の選び方

薬局やドラッグストアには、たくさんの種類の目薬があります。
自分の目の症状に応じて、上手に選ぶようにしましょう。

疲れ目・かすみ目
目の新陳代謝を促進したり、ピント調節機能がある成分が有効。
ビタミン各種、タウリン、ネオスチグミンメチル硫酸塩など。

かゆみ
アレルギー反応による炎症を抑える成分が有効。
クロモグリク酸ナトリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩など。

充血
血管を収縮させて、目の赤みを抑える成分が有効。
塩酸テトラヒドロゾリン、ナファゾリン塩酸塩などが有効。

乾き目・ドライアイ
涙の構成成分、水分を保持する成分が有効。
コンドロイチン硫酸ナトリウム、塩化ナトリウムなどが有効。

また、防腐剤が行っているかどうかをチェックすることも大切。
ドライアイの場合、塩化ベンザルコニウムなどの防腐剤が入っていると、角膜を傷つける原因になります。
| | 13:29 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ