blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 乳がん | main | 歯の舌側矯正 >>

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足の血管がコブのように膨らむ病気。
立ち仕事が多い人、妊娠出産後の女性に多い傾向があります。

下肢静脈瘤は血栓が詰まって膨らむのではなく、静脈弁が緩むことが原因で起こります。
見た目は髪の毛のように細いものから、太いものまで様々。

初期症状はほとんど無く、見た目が変わるぐらいですが、症状が進行すると鈍痛・むくみ・疲労感などが出て、こむら返りも起こりやすくなります。
さらに症状が悪化すると、皮膚炎を起こす可能性もあります。

細い静脈瘤の治療では、注射治療の硬化療法を行います。
太い静脈瘤の治療では、弁の緩みを確認できた大伏在静脈を抜き取る「ストリッピング手術」を行います。
手術は静脈麻酔と局部麻酔を併用して行うため、手術終了後に歩行も可能です。
入院する必要はありません。
| | 12:38 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ