blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 子供の虫歯予防 | main | 下肢静脈瘤 >>

乳がん

乳がんの発症には、女性ホルモンが関係しています。
妊娠・出産経験のない方、母乳で育児をしなかった方などが発症しやすい傾向にあります。
家族に乳がんの経験者がいる場合も注意が必要です。

乳がんは早期発見すればするほど完治する確率が高く、治療による体への負担も減ります。
そのため、定期的に検査を受けておけば安心。

検査方法にはエコー、マンモグラフィー、触診の3つがあります。
マンモグラフィーでは、5ミリ以下の超早期段階から発見することが可能です。
自治体が行っている健康診断の項目にも入っているので、確認してみましょう。

がんは一般的に早期がんとして発見できる大きさになるまで、約10年かかります。
定期健診を受けるなら、40代は年1回、50代は1年おき、30代と60代以降は自主的に受けるのがオススメ。

乳がんの治療は手術、抗がん剤、ホルモン剤、放射線治療などがあります。
治療法は、患部に針を刺して細胞を採取し、病理化学的にがんの種類を見極めた上で、患者さんと相談しながら決めていきます。
最近では乳房の形状を残すことができる温存療法が行われていますが、複数転移している場合などは乳房を切除する必要も出てきます。

手術後は約1ヶ月で通常の生活に戻ることができます。
ただし、再発予防のために放射線治療をしたり、抗がん剤治療・ホルモン治療などが行われます。
術後10年経過して再発しなければ、完治したということになります。
| 女性 | 13:11 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ