blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!
<< 高血圧 | main | 主食抜きダイエットは危険 >>

腱鞘炎

腱鞘炎は指を使いすぎると起こりやすい症状。
毎日パソコンを使っていたり、女性の場合は妊娠時や産後、更年期にもよく見られる疾病です。

指には腱というヒモがあり、これによって指の曲げ伸ばしができるようになっています。
しかし、腱と鞘の間に炎症が起こると腱の通りが悪くなり、指の付け根に痛みを感じたり、ひっかかるような現象が起こります。

腱鞘炎の原因は、仕事で指を使いすぎたり、リウマチによる炎症性疾患によって起こります。
また、乳幼児の親指にも起こる場合があり、これは「強直母指」と呼ばれています。

腱鞘炎を治療するには、指の使いすぎに気を付けて、痛み止めの薬を塗ったり、副木を当てて安静にしていることが大切。
痛みが続いたり、引っかかる幹事が強い場合は、整形外科の専門医に相談しましょう。
手術を行う場合は局部麻酔をして、短時間で終わらせることが可能です。

腱鞘炎を放置しておくと、指の関節が固くなり、永続的に機能障害を起こす可能性もあります。
早期発見、早期治療が大切なので、一人で悩んだりせず、早めに整形外科へ行きましょう。
| 手・腕 | 22:24 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ