blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!

炭水化物抜きダイエットの罠

炭水化物抜きダイエットを実践していた作家の突然死がきっかけとなり、炭水化物抜きダイエットの是非が問われています。

今までのダイエットは食品のカロリーばかりを気にしていましたが、炭水化物抜きダイエットでは糖質を多く含む炭水化物を減らす、というものです。

肥満の原因には、食べ過ぎと運動不足があります。
欧米では、炭水化物の取り過ぎが原因という見方が優勢ですが、日本ではカロリー制限の考えに基づいていることが多くなっています。

炭水化物には、糖質以外に食物繊維も含まれます。
糖質20gと炭水化物20gは同じではないのです。

主食を一切食べないという人もいますが、それでおかずを美味しく食べられているでしょうか。
脂肪を蓄積させないことだけでなく、心を豊かにする食事を心がけ、きちんと栄養を摂ることも考えましょう。
| ダイエット | 14:34 | pookmark |

脂質の摂取

ダイエットを気にする方にとって、脂質の摂取は大敵とされています。

しかし、体を作るうえで、脂質は欠かすことのできない栄養素でもあります。
人間の細胞の膜を作っているのは脂質であり、ホルモンの材料になったり、エネルギーを生み出したりしています。
また、脂溶性ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、色素カロテノイドの吸収にも関係しています。
子供はもちろん、大人の皮膚の再生、体内の抗酸化にも役立っています。

脂質が足りないと、食後に物足りなく感じたり、エネルギー不足に陥り、逆に過食になってしまうことも。
満腹感を得るために、米や麺類、イモ類などの炭水化物を多めに摂取し、糖質過多になります。

また、最近では、脂質の一種・コレステロールの健康影響は軽微という研究結果も出ています。
適量を考えるには、バターやマーガリン、サラダ油などに含まれる脂質1グラムあたり9キロカロリーのエネルギーがあることを知っておきましょう。
| ダイエット | 13:46 | pookmark |

体重が少し増えたら低糖質の食事

夏休みなどの長期休暇に入ると、暴飲暴食をしてしまったり、夜更かしなどをしてしまい、普段どおりの体調を保つことができないことがあります。
旅行先で美味しいものをたくさん食べたり、夜遅くまでお酒を飲むこともあるでしょう。
ほんの数日の出来事であっても、その影響を基に戻すには、その数倍もの日数を要します。

1キロ〜2キロ程度の体重増であれば、糖質を一定量に保つ低炭水化物の食事を心がけましょう。
糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病のある人、2キロ以上の減量を望む人の場合は、医科学的なデータ管理と専門家によるアドバイスを受けることが必要です。

低炭水化物を心がけるには、ポテトサラダやコロッケ、肉じゃが、お好み焼きなどを避けるようにしましょう。
ラーメン&ライス、うどん&おにぎりなどのセットを避けたり、ハンバーガーなどに添えられるフライドポテトも厳禁です。
ポテトの入っていないサラダを選び、ご飯の量を減らすことも大切。

少しの努力を毎日続ければ、少しの体重増であれば、それほど無理をせずに減量することができます。
| ダイエット | 13:07 | pookmark |

炭水化物を控えるには?

ダイエットのために、炭水化物を控えるように心がけている方はたくさんいるでしょう。
活動量の多い学生なら気にしないでしょうが、主食のご飯やパン、お菓子類などの炭水化物を日常的に取り過ぎないようにしている大人の方は、たくさんいるはず。
最近ではアンチエイジングのために、ご飯のおかわりを控えている女性も多いそうです。

世界がん研究基金から発表された「栄養とがんについてのまとめ」には、「穀類の多食はある種のがんに対するリスクを上昇させる可能性がある」と書かれています。
2013年秋に発行された「糖尿病治療のための食品交換表」では、炭水化物を中心とした糖質の摂取割合が11年ぶりに改定され、「1日の総摂取エネルギーのうち炭水化物は50〜60%」とされました。

ただ、このパーセンテージを言われても、すぐにピンとくる人は少ないと思います。
炭水化物を摂りすぎていると思っている方は、まずはご飯を一口残す、おせんべい一枚を我慢する、かぼちゃ・じゃがいもなどを制限するなど、手軽にできるところから始めてみましょう。

また、極端に炭水化物を控えるダイエット法は、現在では問題視されています。
少なすぎる方は、適度に摂取することも大切です。
| ダイエット | 13:22 | pookmark |

別腹

クリスマスやお正月など、年末年始が近づいてくると、ついつい美味しいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまいます。

また、食事のシメや食後のデザート、飲んだ後のお茶漬けやラーメンなど、別腹と言われる食べ物はたくさんあります。
しかし、ケーキのカロリーを調べてみると、1ホールで数千キロカロリーになることもあります。
どれくらいの大きさに切り分けるかによって、カロリーが大きく変わってくるので、注意が必要です。

ケーキ類だけでなく、ラーメンなどもカロリーが高く、別腹の誘惑が多い食べ物です。
ダイエットをしている方、食べ過ぎに気をつけている方は、本当に注意が必要になってきます。
| ダイエット | 16:17 | pookmark |

ダイエット時の摂取カロリー

3月になり、暖かくなる日も多くなってくるので、そろそろダイエットが気になってくる方も多いと思います。

古典的なダイエットの方法は、やはりカロリーコントロール。
体を動かして使われるエネルギーと、食べ物・飲み物から得るエネルギーの収支計算をして、体重や体脂肪率を調整していく方法です。

日常生活で必要な栄養量には個人差があるため、ここでは、医学会のガイドラインにも掲載されている計算方法を紹介します。
それは、体重80キロまででダイエットをする必要のある成人にとって、1日の食事の目安になるのは、現在の体重を30倍にした数値。

例えば、体重60キロの場合、60×30で1800キロカロリーを基準に、1日3食を食べましょう、というおとです。
この場合、1食500キロカロリー、おやつやお酒に300キロカロリーを目安にします。

ただし、おやつにお饅頭2個(150キロカロリー×2)を食べた場合、1時間の散歩をしないとカロリー消費ができません。
| ダイエット | 14:01 | pookmark |

産後ダイエット

女性は妊娠すると体重が増えるので、産後にダイエットをする方も多くなっています。
しかし、急激なダイエットを行うと、体力が低下してしまうため、元気な赤ちゃんを育てるためにも、慎重に行いましょう。

まず、女性は妊娠初期になると、精神的な不安やつわりなどから食欲不振になり、体重が落ちてしまう方もいます。
好きな食べ物の匂いも嫌になり、嗜好にも変化が出てきます。

妊娠後期になると、心も身体も安定してきて、食欲が増してきます。
ただし、食べ物によるアレルギーを考慮して、同じ物を大量に食べたり、辛味や刺激の強い料理は控えるようにしましょう。
10キロ以上も体重が増える方も多く、急な体重増加は母子の健康管理に支障が出る場合もあります。

産後のダイエットは、出産からあまり間を置かずに始めることが大切。
母乳の出をよくするためにも、水分が多く、温かい食べ物を食べるようにし、免疫力が低下しないように、たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂りましょう。
乳製品・卵・魚介類・肉類・豆腐類・野菜類・果物・穀物を全て組み合わせた食事がベスト。

反対に、イモ類・カボチャ・ラーメン・菓子類・ジュース類・アルコール飲料などは、なるべく控えるようにしましょう。
| ダイエット | 16:55 | pookmark |

ダイエットと糖質制限

糖質の摂取量を減らすダイエット法「糖質制限食」を実践する女性が増えています。

女性が大好きなケーキ類、和菓子、洋菓子などには、砂糖や小麦粉がたくさん含まれています。
小腹が空いた時に、菓子パンやサンドウィッチ、たこ焼きなどを食べてしまうと、糖質の摂り過ぎになってしまいます。

「糖質制限食」は元々、スポーツ選手のエネルギー調整法として、飲食計画に用いられてきました。
糖質摂取のタイミングを調整して、スタミナ維持に生かすものなので、全く食べないのではなく、いつ・何を・どれくらい食べれば良いかを予測するものです。

しかし、ダイエットが目的の「糖質制限食」は、健康に害が無いように配慮しながら、糖質の配分を段階的に減らす方法。
糖質を制限しつつ、脂質やたんぱく質をバランス良く摂ることが大切になってきます。

単にご飯やパン、甘い物を減らすのではなく、専門家のアドバイスを受けながら行わないと危険なものです。
実践するためには栄養素の配分計算が煩雑で、なかなか長続きしないものですが、正しく行えばダイエット効果、体脂肪や血中コレステロールの低減などが、カロリーコントロール法よりも早く実感できます。
そのため、早く痩せたい方には魅力的なダイエット方法になっています。
| ダイエット | 13:44 | pookmark |

春のダイエットと美容

春になると、女性誌ではダイエットや美容の特集が増えてきます。
食事で摂取するエネルギーと消費エネルギー、美肌や保湿に役立つ栄養素や食材、健康補助食品などがたくさん紹介されています。

毎日の食事をおろそかにして、健康補助食品に頼ったり、お菓子ばかり食べていると、肌荒れ・便秘・疲労感・風邪をひきやすい、などの症状や体質になってしまいます。
荒れた肌を化粧品ばかりに頼ってしまうのも問題です。

そのため、健康な素肌作りと快適な体調を保つためには、毎日の食習慣の見直しが大切。
禁煙・早寝・運動・飲酒に注意した生活習慣を送るようにしましょう。
食事では、たんぱく質を十分に摂り、水分と食物繊維も多く摂りましょう。

また、美肌を維持するためには、ゆっくりとした食事の時間を持つことも大切。
短時間の慌しい食事では、消化にも良くありません。
| ダイエット | 13:47 | pookmark |

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、約6週間に渡り、糖質(炭水化物)を制限する食事を取り入れたダイエット法。
1990年代後半にアメリカで研究が行われ、効果のあるダイエット法として注目されました。
現在では、糖尿病の治療に応用されています。

日本人の食事による1日の摂取エネルギーの半分は、糖質(炭水化物)とされています。
これを段階的に20%〜40%に減らしていき、たんぱく質と糖質によるエネルギーに置き換えます。

具体的には、主食である米・パン・麺類はもちろん、糖質の多い芋類・かぼちゃ・お菓子などを止めます。
食べるとしても、ごく少量しか許されません。
これを最初の2週間、続ける必要があります。

実践することはなかなか難しいですが、ダイエットと血中の脂質を適正値にするためには、日々の食事内容を見直す必要があります。
効果のあるダイエット法とされているので、やる気のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。
| ダイエット | 13:39 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ