blog index

なるほど!健康ニュース

健康に関するニュースの中から、なるほど!と思える情報、へぇ〜と思わず納得してしまう情報を配信中!

白内障の手術

高齢になると白内障になり、濁った水晶体を除去し、人工レンズを入れる手術を受ける方が増えています。
レンズの焦点の合わせ方で、手術後に物の見え方が大きく変わってしまうので、レンズ選びが大切です。

一般的には、単焦点レンズが使われていて、遠くか近くかのどちらかにピントが合います。
遠方に合わせると、手元がぼやけるので読書などでは老眼鏡が必要。
近視の場合は、メガネ無しで手元が見えるレンズを使います。
そのため、遠方がぼやけるので、日常生活にはメガネが欠かせません。

最近では、多焦点眼内レンズが普及し、遠くも近くもメガネ無しで見えるようになっています。
乱視矯正もできるトーリック多焦点眼内レンズもあります。

ただし、多焦点眼内レンズは保険が利きません。
先進医療の対象なので、先進医療特約付きの生命保険に加入していれば、認定施設で使うことは可能です。
| | 14:00 | pookmark |

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は、手術よりも術後の症状が大変な場合があります。

抜歯では、上あごよりも下あごの方が処置が大変であり、骨の中に埋まっている部分が多いほど時間がかかります。
抜歯後の出血は、2〜3日続くことがあります。
唾液に混ざって出るので、少量の出血でも多く感じることもあります。

ただし、うがいを繰り返してしまうと、固まろうとしている部分が刺激され、出血を繰り返してしまいます。
そのため、過度のうがいは禁物。

心配な場合は、清潔なガーゼやコットンを丸めて、抜歯した部分に入れて噛んでみましょう。
時間は10分〜20分が目安。
真っ赤な血液の塊が出てくる場合は、出血が止まっていない可能性があるため、歯科医に連絡しましょう。

術後の腫れは、下あごの場合に強くなりますが、これは正常な防御反応です。
直後よりも2〜3日目に遅れて腫れることが多く、内出血で皮膚にあざが出ることもあります。
このあざは、約2週間ほどで消えるので、それほど心配する必要はありません。

また、痛みが強いため、鎮痛剤が処方されることがほとんどです。
| 口・歯 | 14:10 | pookmark |

5月病と6月病

学生や社会人は、変化の多い4月を乗り切った後の5月や6月に、なぜかやる気が出なく、何をしても楽しく感じられない状態になることがあります。
5月病、6月病と呼ばれていますが、正式な診断名ではなく、精神医学では「適応障害」と呼ばれています。

人が新しい環境になれるまでには、約3ヶ月がかかります。
4月に変化があれば、6月末までかかる計算です。
特にその期間の前半は、あらゆる方向から多くの情報を収集する時期。
この時期が過ぎると、収集した情報から注力すべき部分、しなくてもよい部分が分かるようになり、次第に心身のエネルギーの消費が抑えられます。

しかし、その間に許容量を超えて頑張りすぎてしまうと、マイナスの気持ちが発生し、病んでしまいます。
適応期間中、休みの日にひどく疲労を感じる場合は、注意した方が良いでしょう。
あまり頑張りすぎず、オンオフのメリハリをつけましょう。
自宅にいるときは、仕事のことは考えないようにすることも大切です。
また、嫌なことがあった場合は、嫌なことについてばかり考えず、その環境の良い点を見つけるようにしましょう。
| 鬱(うつ) | 14:21 | pookmark |

災害時の食事

災害時に避難所などで配給される食事は、乾パンやクラッカー、おにぎりやパン、インスタント食品、お菓子などが中心でう。
これでは、炭水化物を補給できても、たんぱく質、ミネラル類、食物繊維などの栄養素が不足してしまいます。
これらの栄養素が足りなくなると、便秘や下痢になりやすく、風邪や口内炎なども引き起こします。

そのため、保存性が高く、調理不要な魚や肉の缶詰、魚肉ソーセージ、カレーやシチューなどのレトルト食品、ロングライフ牛乳などがあると安心です。
ビタミンやミネラル、食物繊維は、ナッツ類や野菜・果物の缶詰、乾物、常温保存可能な野菜ジュースで補給できます。
サプリメントを一時的に使用するのも良いでしょう。

また、ボランティアの方などの炊き出しでは、温かい料理で栄養補給ができます。
災害はいつどこで起きるか分からないので、できることから始めて、準備をしておきましょう。
| 食品 | 14:10 | pookmark |

知覚過敏症

冷たいものを口にした時、痛みを感じて「虫歯かな」と感じる場合は、象牙質知覚過敏症の可能性があります。
象牙質は、歯の表面のエナメル質と歯の神経の間の部分。
単に知覚過敏症と呼ぶことが多くなっています。

歯茎が下がったり、歯根が露出している場合は、本来は覆われている象牙質が露出した状態。
この状態になると、中にある歯髄という神経との距離が近くなり、温度変化や歯磨きなどの刺激に弱くなります。
一時的に不快な痛みを感じ、刺激がなくなると痛みは消えます。
症状は虫歯に似ていますが、痛みで困っていない場合は、少し様子をみても良いでしょう。

歯磨きやうがいもできないほど痛む場合は、歯科の受診をしましょう。
治療の基本は、象牙質の表面を薬剤やプラスチックで被覆したり、象牙質細管を防いだりします。
知覚過敏用歯磨き剤を使うこともありますが、どの治療方法が適しているかは、専門家でないと分かりません。
症状が進まないうちに、歯科医院を受診しましょう。
| 口・歯 | 14:23 | pookmark |

震災・災害のトラウマ

精神医学でトラウマとは、生死に関わる出来事に直面した際の心の傷、とされています。
震災や事故、虐待などで生命の危機に直面した人が感じるものです。

衝撃的な出来事に直面すると、人は一部の記憶が無くなることがあります。
悲惨な体験によるダメージが脳全体に及ばないような仕組みになっていますが、それでも体験は記憶に残ります。

似たような場面に出会うと、不眠や動悸、呼吸の乱れ、消化器症状などのカラダの反応、イライラや不安・過敏などの心の反応が出ます。
これらの反応が出ても病気とは限らず、再び生命の危機に陥らないようにするための正常な反応です。
多くの場合は、反応が次第に緩やかになり、心の防犯装置が感度を下げていきます。

ただし、上手く回復しない場合は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)へ発展することがあります。
PTSDへ発展させないためには、衝撃を受けた直後の初期ケアが大切。

そのためには、安全・安心・安眠が確保できる環境の整備が一番です。
同じ事態を回避できる場所が必要であり、人と一緒に生活し、会話や散歩など、日常のちょっとした楽しみを大切にしましょう。
| 鬱(うつ) | 14:07 | pookmark |

スーパーフード

最近では、チアシードやアマランサスなど南米由来の食材がスーパーフードど呼ばれています。
体に良いとされる成分を含み、古くから食べ続けられてきたので、健康に良いことは確かです。

ただし、これらの食品だけを食べていれば良い、というわけではありません。
スーパーフードは、一般的な食品とサプリメントの中間のような存在で、ある栄養成分が突出している部分だけがクローズアップされて解説されています。
そのため、たんぱく質や脂質、炭水化物などの欠かせない成分はそう多くは含まれていません。

このように、一つの食品の効果ばかりに期待するのは危険です。
なるべく多くの食材を取り入れるようにし、スーパーフードはトッピングなどに適度に用いるくらいが良いでしょう。
| 食品 | 14:35 | pookmark |

舌苔と口臭

口臭は誰にでもあるものですが、正しく歯磨きをしていれば、他人に分かるほどのものではありません。
食生活の乱れやストレスが強かったり、口が渇いていると強くなります。
そんな時は、少し丁寧に歯を磨いたり、水をこまめに含んだりしてみましょう。

また、にんにくやアルコールを摂取すると、口臭は一時的に強くなります。
これは時間が経てば弱くなります。

ただし、注意したいのは、口の中や喉の奥の病気が原因で発生している病的口臭。
時間の経過で弱くなることはなく、歯周病が原因になっていることもあります。

口臭で一番多いのは、新陳代謝で剥がれた歯茎や粘膜、細菌の死骸などが原因のもの。
口の中の細菌がこれらのたんぱく質成分を分解し、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物を作り出します。
これが舌の上の表面に溜まり、舌苔(ぜったい)と呼ばれる強い口臭の原因になります。
舌苔を落とすためには、柔らかめの歯ブラシや専用の舌ブラシを使います。

口臭は他人から指摘されるより、自分で気付きたいもの。
細菌では、口臭専門の外来診療を行っている大学病院もあります。
| 口・歯 | 14:31 | pookmark |

野菜を食べる

食事の際、野菜を最初に食べると、食べ過ぎや早食いを防止できます。

歯ごたえのある野菜をよく噛むことで、食事のスピードを緩め、満腹感をもたらしてくれます。
野菜はエネルギーもわずかなので、食べ過ぎが抑えられます。

繊維質の多い野菜であれば、食後に血糖値が急激に上昇することも防いでくれます。
糖尿病の治療や肥満防止には、食後血糖値の急上昇は最も避けたいこと。
最初に野菜を食べることは、とても大切なのです。

1日に必要な野菜の量は、300g〜400gとされています。
ただし、野菜なら何でも良いわけではありません。
糖質の多いじゃがいも、さつまいも、とうもろこし、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、ブロッコリーなどは、1日100g以内に抑えましょう。

野菜ジュースにして飲むことも、まだ良い効果が期待できると証明されているわけではありません。
また、お腹が弱くて下痢をしやすい人は、繊維質の多い野菜を摂りすぎると、逆効果になる場合もあります。
| 食品 | 14:00 | pookmark |

噛む力をガムで鍛える

物を噛むと、口の中や筋肉が刺激されて、唾液を出やすくし、口の中をきれいにする効果があります。
他にも、脳の活性化、眠気を減らす、気持ちを落ち着かせるなど、良い効果に期待できます。

毎日の食事でよく噛んで食べることは大切ですが、ガムを噛むことで噛む機会を増やすことができます。

以前は、ガムに砂糖が使われていたため、虫歯になりやすい問題がありました。
しかし、今ではキシリトール入りになり、砂糖ほど虫歯になりやすくはありません。
キシリトールは、歯の表面の石灰質を再生しやすくしてくれる効果もあります。

ガムを噛むと、口の筋肉の適度な運動になります。
1回のガムの量は、板ガム1枚、粒ガム2個が適量。

固いガムを長時間噛むことは、歯に負担を与え、顎関節にも悪影響を与えるので注意。
動かす筋肉にダメージを与え、頭痛が生じることもあります。

最近では、入れ歯に付着しにくいガム、口臭予防ガムなどもあるので、目的別に選ぶのも良いでしょう。
ただし、あまり強く噛むと歯が折れたり、詰め物が外れることもあるので、十分に注意しましょう。
| 口・歯 | 14:00 | pookmark |

bolg index このページの先頭へ